MacBook Airを購入後、後悔しない理由がある。

初めに

MacBook Airを購入しようか迷っている人に、ぜひオススメしたいと思う理由があります。

自分自身はデザイン関係の仕事をしているわけでもなく、仕事でMacを使っているわけではありません。

どちらかというと、仕事ではWindowsを使うことが多いのですが、それでもMacを購入しました。

デザインがとても良く使う前から満足できる

まず第一に、MacBook Airのデザインの良さがとても素晴らしい事です。

流れるような、流線型のボディに本体の厚みはとても薄い。無駄な物が一切ない状態で背面にシンプルにアップルロゴがあり、とても洗練されています。

初めて箱から出した時は感動を覚えました。

箱を開けると普通、パソコンや電子機器だと色々な梱包材に包まれ説明書や付属品を取り出し、注意書きが書かれた紙をはがしながら本体を取り出す。

そんな作業になる事が多いですが、MacBook Airを箱から取り出した時は全然違いました。

まず箱を開けると、シンプルなAirの背面ロゴの部分が見え、洗練されたデザインが箱を開けた瞬間に見えるように工夫されているようでした。

機能として、満足するものを使うことは大事ですが、感動を覚えるような、デザインの物を所有できているという事が後悔しない理由になっています。

バッテリー持ちが良過ぎる

MakBook AirはノートPCなのでバッテリーの持ち具合も購入前は気になるポイントでした。

実際使ってみると、今使っているiPhoneよりもはるかに充電をする機会は少ないです。

一度充電をすると、スリープ状態でも、3日4日充電せず使用しているような状態です。

1日あたりの使用時間が1・2時間でではありますが、休日にがっつり使っても1日充電が切れずに使える点は、非常にストレスフリーで快適です。

他にも、充電ケーブルの使いやすさに驚きました。

充電ケーブルを本体に接続するときに、ケーブルの端子の先端が磁石になっており、本体の差し込み口近くにケーブルの先端を持っていくと吸い込まれるようにピタッと接続ができます。力は全くいりません。

充電端子の先端と本体の差し込み口を覗き込みながら自分の力で接続しなくて良いということは細かい気遣いながら、Macを使いたくなる理由になっています。

気軽に起動出来る

起動にも時間は全くかかりません。会社ではWindowsの旧式のノートパソコンをよく使うため、その差に愕然とします。スリープ状態でもバッテリー持ちが良いため、電源を切ることも少なくてすみます。スリープ状態からなら、一瞬で中断していた作業に取りかかれるため、とても快適です。

ノートPCを以前も持っていましたが、購入してからだんだんと使わなくなっていました。その理由は起動に時間がかかり、バッテリー持ちもあまり良くないため、ノートPCなのに電源に繋ぎながらでないと使えないという状況になっていたからでした。

今は家の中でも外でもバッテリー持ちを気にせず、起動もすぐに出来るという状況になって、ノートPCを使う事がとても楽しい日々です。

iPhoneとの相性も抜群

Macを購入してから気づいた機能でとても便利な機能がありました。

AirDropという機能です。Bluetoothを使いボタン一つで画像やファイルをMacとiPhoneで共有が出来るというものです。本来ならメールで送信したり、有線で繋いでファイルを移動させたりするところを、AirDropを使えば簡単に共有できるのは時間と作業量が短縮できとても便利です。

他にも、アプリを使ってスケジュールの共有ができたり、iPhoneと相性が良いことは長くAirを使っていきたいと思った理由の一つです。

終わりに

MacBook Airは購入して、全く後悔しないものだと思います。

感動を覚えるようなデザインに使いやすさの考えられた機能は、使っていくうちに愛着が出てきます。

ちなみにAirの取扱説明書は驚くほどペラペラな紙1枚で説明量としてはかなり少なく、ボタンの説明が書いてあるぐらいで詳しい使用方法は全く書いていませんでした。

それは、説明書がなくても直感的に操作ができるMacならではのものかと思います。

最初は操作に慣れないこともありましたが、少しずつ便利な操作を覚えていくことで、より愛着のある自分のパソコンになっていっているように思います。

使いたくなるPCであり、使うときに不便さを感じさせず、ワクワクした気持ちにさせてくれるのがMacBook Airだと思います。購入した事に後悔は全くなく長く大事に愛用していこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする